メールでのお問い合わせ

人材育成お役立ち情報

  • Blog
  • エンゲージメントを高めるには
ハラスメント 人材育成 2022年03月23日

エンゲージメントを高めるには

エンゲージメントという言葉を耳にする。

ハラスメントのない会社にするために、従業員のエンゲージメントを高める。

社員の定着を高める、従業員満足度をあげるために。

職場の風通しをよくしていくために。

コミュニケーションをとり、互いの信頼関係を築く・・・・。

そして、エンゲージメントを高めるための具体的な取り組みは?

1,従業員をリスペクトする組織風土づくり

社員の生活や将来の安定を図るための制度や

人として成長できるような制度と

心身の健康を維持できる(本人と家族)制度をバランス良くつくることが必要である。

その前提は、良好な縦横斜めの良好な人間関係とやりがいがあることである。

まさに、ウェルビーイングに向かうのである。

エンゲージメントとは、

多様な価値観を尊重する組織風土がベースにあり、経営者が損得ではなく従業員満足度の向上にコミットして施策に取り組むことではなかろうか。それが、エンゲージメント(目的と価値観を共有し、社員と会社の絆が強まる)である。

2.企業目的と根本価値の浸透

エンゲージメントは、会社が推し進める、かけがえのない企業目的と根本価値が存在していることに従業員が共感コミットすることできることから有形無形の報酬が得られているかがエンゲージメントにつながる。

要は企業目的と根本価値を明文化し、周知し、その実現に向けた人材開発や組織開発の取組をHRテックを用いながら実行してギャップをうめていくことである、

大企業なら資金にものをいわせサーベイを使いデータ化し分析し、さまざまな従業員の支援制度やしくみを構築したりできるだろう。小規模事業や個人事業であれば、ES調査や360度調査をやることすら難しいかもしれない。しかしながら、できることはたくさんある。経営者と従業員の距離は近いだろう。しかしながら、企業目的や価値についての共有がされていないことが多いのではないだろうか。目先の経費節減の前にすべきことがあるような気がする。人は理屈だけでは動かないからな、腹落ちしたときに力を人と人が連鎖しながら相乗パワーを発揮するんだな。

#エンゲージメント#ライフデザイン#人定資源経営#ヒューマンリソースマネジメント#ウェルビーイング#キャリアカウンセリング#ライフシフト